中古車を選ぶには

中古車

中古車

中古車と新車の購入時のメリット・デメリット

車を購入しようかどうか考えた時、やはりみなさん、最初は新車を希望しますよね。

しかし、見積もりや話を聞いていくうちに、新車は自分が思っている以上にお金がかかってきます。

そこで、中古車もどうかなとの考えになっていく方もいるでしょう。

ここでは、車の購入時に新車にするか、中古車にするかによってのメリット、デメリットをあげてみようと思います。

まずは、新車の購入時のメリットからです。

新車を購入すると、新しいものを自分が一番初めに乗ることができます。自分の好みのカラーやオプションなど、思い通りの車を作ることができます。

オプションで高くなる

保証もきちんとしているので、万が一故障などメンテナンスが必要な時でも対処できます。

しかし、デメリットもあります。新車は、とにかくきれいなので、汚れやキズがとても気になってしまいます。

新車を購入した後、マイナーチェンジやフルモデルチェンジがすぐに行われてしまうと、車の価値がすごく低くなってしまうことがあります。

次に、中古車の購入の際はどうでしょうか。まずメリットは、新車と比べると値段が断然安いということです。

新車と中古車で同じ金額を払うと考えた時、中古車では、新車の時には買えないようなさらにいいグレードのものを買うことができるのです。

新車の時のように、オプションなどを考える必要がないので、購入してから車が届くまでの期間が短く、すぐに乗ることができます。

中古車にも多くのメリットがありますが、デメリットもあります。

デメリットは、車を前に使用していた人の使い方次第で、メンテナンス費用が思っている以上にかかることがあります。

たとえ、前使用していた人がとてもきれいに乗っていたとしても、新車の時よりメンテナンスは必要になってきます。

それに、新車では、自分の好みのカラーやオプションを取り付けたりできますが、中古車は、今あるものの中から選ぶことになるので、
欲しいオプションを付けることができないこともデメリットにあげられます。

このように、新車、中古車どちらにしても、メリットデメリットがありますので、これらをふまえて、新車を購入するのか、中古車を購入するのか考えることも大切でしょう。

最もお買い得な中古車の選び方

中古車を購入することを考えた時、どういうことに気を付けて車を選べば、お得な中古車を買うことができるのでしょうか。

まず、中古車を選ぶ時、やはり人気のカラーや走行距離が短い車は、比較的値段が高い傾向にあります。

車を売る時、高い値段をつけてくれる「白」、「黒」のボディカラーは、中古車で販売する場合も人気なのです。

ですので、あまり人気のないカラー、例えば、「赤や「青」を選べば、「白」「黒」の車を選ぶ時よりもお得に中古車を購入することができます。

人気カラー以外選択でお得に購入

そして、走行距離が短い車も人気があります。車の走行距離が5万㎞を超える車は値段が下がってきます。

しかし、今の車は10万㎞走ってもそれまでのメンテナンスがきちんと行われていたら、

問題なく走る車が多いです。ですので、走行距離が5万㎞を超えていて長くても、しっかりとメンテナンスがしてある車であればお得な車を購入できます。

次に、自分が欲しい車のメーカーと種類に幅を持たせることです。

このメーカーが欲しいと決めてしまうのではなく、同じような種類の他メーカーと比較することもお得に購入できる一つです。

人気の車種は高くなるので、似た種類の車であれば、そこまでのこだわりがない限りお得に買うことができます。

もう一つは、低燃費の車であっても古いガソリン車のほうが、後々のランニングコストを考えると安い場合がある、ということです。

低燃費の車を高い値段で購入する場合と、少し古いガソリン車を購入する場合とでは、長く乗っていくと低燃費の車のほうがお得に感じますが、ランニングコストを考えても初期に投資した車の金額が低燃費のほうが高いので、古いガソリン車のほうが節約になり、お得な場合があるのです。

低燃費の車はお得だと、思いこまないほうがお得な買い方ができる時もあります。

タコメーター改ざんの裏話

タコメータ改ざん注意

中古車を購入する時、走行距離が気になる方は多いでしょう。しかし、走行距離を改ざんして中古車を販売している場合があるのです。

タコメーターを改ざんしていることです。このような不正をしている車を購入することがないようにするためにも、
どのような項目を気を付けてみるべきなのでしょうか。

タコメーターの改ざんを防ぐには、「車検証にある走行距離計表示値」、「契約書の走行距離」、「タイミングベルトの交換ステッカー」を確認することです。

走行距離計表示値の場合、以前の走行距離計表示値よりも距離が短くなっていれば、タコメーターを改ざんしている可能性があります。

契約書の走行距離が、車検証の走行距離計表示値よりも短い場合も改ざんしている可能性が高くなります。

あとは、タイミングベルトです。タイミングベルトは走行距離を10万㎞超えたら交換することになっています。

ですので、走行距離が10万㎞超えていて、交換ステッカーの距離が短く書かれている場合も改ざんの可能性があることを考えておきましょう。

関連記事

  1. 中古車購入

    中古車

    中古車購入で注意すること

    事故車か修復歴車でないか中古車を購入しようと考えた時、どのようなこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

カテゴリリスト

最近の記事

  1. 車の知識
  2. 中古車購入
  3. 売却注意点
  4. 車関係の求人
  5. 車の買取店
  1. 車の買取店

    買取

    車の買取とは
  2. 売却注意点

    売却

    車の売却で気を付けること
  3. 中古車を選ぶには

    中古車

    中古車
  4. 車の知識

    車の雑学

    知っておきたい車のこと
  5. 中古車購入

    中古車

    中古車購入で注意すること
PAGE TOP