車の買取について説明します。

中古車の買取価格が決まる流れ

中古車の買取価格は、どのように決まってくるのでしょうか。
車を売る場合に、「下取り」と買取」の2つの方法があります。

「下取り」とは、車を新しく購入する店で、今乗っている車を売って、引き取ってもらって、新しい車を買うお金に充てることができることです。
「買取り」とは、買い取り専門店に車を買ってもらうことです。
10年前までは、下取りの方法が一般的でしたが、今は買取りしてもらうことが多くなっています。

買取価格は、オークションによって決まっていますので、買取価格が下取りの時よりも高くなります。
そのため、「下取り」よりも、「買取り」のほうが、お得であると言われています。

買取価格は、先ほど述べたように、中古車業者の間で、オークションによって決まっています。そのため、車の装備やオプションも査定されて、
価格が決まることになります。このようなことから、高額な買取価格になることがあります。

新車か中古車か迷ったときの決め手は?

車の購入を考えた時、新車か中古車か、どちらを購入するか迷った場合に、どういうことがきっかけで、新車か中古車を選ぶのでしょう。
まず、新車を買おうと考える人は、自分の思い通りの車を買うことができます。

好きな車を選ぶことができますし、車のグレードや色、さまざまなオプションも自分の好きなように設定できます。このように新車では、オリジナルの車を作ることができる反面、購入してから車が届くまで、時間がかかってしまうことがありますので、その点では、中古車は購入後すぐに乗ることができます。

ほかには、新車は保証などのメンテナンスがついていますが、中古車にはついていないことです。メンテナンスのパックなどで費用もお得になっています。
中古車にはそれがないので、修理などに費用がかさんでしまうことになります。

しかし結局、お得感では中古車が勝ります。中古車はもともとから、カーナビやETCがついていることがあるので、新車でつけていくよりもお得です。
そして中には、新車であれば到底買うことができないような車が、中古車で販売されてある場合もありますので、得をする時があります。

中古車の買い時はいつぐらいなのか

中古車の購入を考えている時、気になることは、いつ買うのが一番お得に買うことができるのかということでしょう。
一般的にボーナスの時期の6月や12月は、新車を購入する人の割合が多くなるため、中古車があまり売れません。

その影響で、中古車の価格が下がって買いやすくなります。
次に、車がモデルチェンジした後は買い時です。

モデルチェンジとは、内観だけを変えるマイナーチェンジと、外観もすべてを変えてしまうフルモデルチェンジのことです。
車が新しい形になると、前の古い形は売れなくなるので、価格が安くなり、買いやすくなります。

反対のパターンで、中古車の価格が上がる時もあります。卒業して就職する人が多い2月や3月の時期は、生活が変わり、車が必要になる人も多いので、中古車の値段が上がってしまいます。

この時期に注意すれば、比較的に安く中古車を購入することができるでしょう。

カテゴリリスト

最近の記事

  1. 車の知識
  2. 中古車購入
  3. 売却注意点
  4. 車関係の求人
  5. 車の買取店
  1. 中古車を選ぶには

    中古車

    中古車
  2. 車を高値で売る

    売却

    自動車を高く売る方法
  3. 売却注意点

    売却

    車の売却で気を付けること
  4. 車関係の求人

    求人

    車に関係する求人
  5. 車の知識

    車の雑学

    知っておきたい車のこと
PAGE TOP